toggle
2020-10-31

暮らしを楽しむ@コーヒー

私はむかし仕事が大好きで、短大時代の友達に会うと「いづはいつも働いてる」と言う。だって、仕事好きだもん笑

だけど今は、かな〜り暮らしを楽しんでる。遊びも覚え始めたよ笑

暮らしを楽しむ生き方に変化したのには、きっかけがあるー。

20代も終わりの頃、会社をつくるために東京に通った、ビジネスを学んでも何にも芽が出なかった。

サロン経営しながら、人材育成のためにエニアグラムを学んだ。とある合宿セミナーで講師が言った。

人はどんな時でも幸せになれる。それはキッチンでネギを切っている時でさえも。

私は仕事が好きだったので、仕事が嫌いだと言っている人たちを幸せにしたかった。だから、人が幸せになる会社を作りたかった。

なのに、エニアグラムの師匠ハドソンは、ネギを切っている時でさえ人は幸せになれると言う。強く、衝撃を受けた。

好きなことが出来たら幸せ

思い通りになったら幸せ

目標を達成したら幸せ

家族といれたら幸せ

お金があれば幸せ

自由に挑戦できれば幸せ

そういった条件付きではない幸せという世界があることを、このとき初めて知った。

私は仕事で幸せを感じていた。だけど、一日24時間のうち、仕事に8時間、生活に8時間、睡眠に8時間。ならば会社をつくるのをやめて、生活、暮らしを楽しむことをしてみよう、そう思うようになった。

コーヒーは、いろんな事を味わえる。豆を挽くガリガリの感覚や、音や、お湯を注ぐ時のスローな時間や、香りや。もちろん味も笑

白玉椿のコンセプトでもある「豊かな暮らしの創造」は、ネギから生まれたのですが、コーヒーは、その、日常かなー。

関連記事