toggle
2020-07-16

大垣の消石灰

この数日、少し希望が見えて来ました。

地産地消として大垣の消石灰で漆喰をつくり、その漆喰でお店をつくる。

そんな企画が始まったのが2016年。

その発起人と意思の疎通がうまく出来てなくて、気づいたら九州の漆喰使ってワークショップ現場に使われてしまったー。

そんな大失敗をして、あきらめて、赴くままに豊かな暮らしの創造をするお手伝いを考えながら建築業界を模索してた。

あの時、大垣の消石灰との対面は感動だったー

いや、その前から、感動の連続だったんだー

それで、一度手放した夢だったんだけど、再び。

大垣の消石灰で漆喰づくりに、

とある左官屋さんが協力してくれることになりました。

さて、これをどう事業家しようかー、これからやることは漆喰DIYに関心ある人たちに何があればやってみようと思えるかなどのヒアリング。

また、皆さんの思いを聞かせてくださーい!

関連記事