toggle
2019-06-10

建築士工房でバイトして(2017-2019)

白玉椿の店づくりが終わり、知り合った建築士工房さんでアルバイトさせて頂きました。

知り合った、、というのは白玉椿の店づくりで大工に入って下さった方です。

初めてのプロ現場がN様邸の上棟でした。

その後の作業。一級建築士の社長と透湿防水シート貼り。世にも珍しい現場作業もする建築士。風も景色も最高でした。

竣工後の様子をお施主様から連絡頂きました。私は巾木の加工をしたのですが、やはり無垢は気持ち良い、巾木有難うと。私が巾木の加工をしたことを社長が話したんだろな。お施主様からの連絡嬉しかったです!

その他、換気口の加工手伝いをしました。

出来上がり。

学生の時スーパーでバイトして、カボチャ切ってラップして店頭に並べた、あの時の感覚が蘇りました。私の手を加えた物が、お客様の元へ。ドキドキでした。

その他、測定や検査に同行させてもらったり、現場に材料運んだり、工場の掃除したり、いろんな体験を広く浅くさせて頂きました。

最初に見せてもらった社長のデザインにビビビだった私は、ココで建築学びたくて仕方なくなりました。だけど現場に行くと知識が足りない。。そもそも建築用語が英語よりも分からない。そろそろ限界かな、どうしたら前に進めるのだろう、、

そしてその時、その思いが天に届いたか、奇跡のような出来事。白玉椿の店でリフォームの相談を頂きました。

奇跡のお仕事は、窓口撤去して外壁一面、ダイニングキッチン、リビング、トイレのリフォーム。

お客様相談役も兼ねた社長の大工工事の手元をさせてもらいました。

壁のデザインからの空間感覚の変化は凄い。デザインから空間が生き返る感覚に感動しました。

こちらのお仕事、数ヶ月でアルバイトは終了…白玉椿に戻って、リフォーム相談窓口は継続。

またすぐに天然石の白玉椿にて、リフォーム相談頂きました。リフォームしたい思いを何時間も聞かせて頂きました。

我が町の仲間として人生語らいました。建築学びたいもあるけれど、お施主様のより良い暮らし創りのお手伝いがしたいという思いの方が、より強くなりました。

この頃は、白玉椿のあるNPOスタッフをしていて建築士工房でのお仕事はしていませんでしたが、お客様相談役を兼ねたW様邸の打ち合わせに同行させて頂きました。

養生などの作業をしながらの解体見学もさせて頂けました!

築1?0年の歴史的な豪邸ですが、やはり傾きはどこでもあり、自然素材で出来た邸宅の工事は、高い技術が必要でした。大工さんから工事の難しいところや考え方など、たくさんのことを教わりました。

前半で完成したリビング。

玄関を移設して、リビングに。

またまた声にならない。この魂が喜ぶ感覚は、天然石の仕事で覚えました。これは良いデザインに良い仕事が掛け合ったときのサインなんだと認識しておるのです。

やっぱり建築するなら、社長の元で学びたい。そんな思いが再発。そして、なんと奇跡のバイト復活。また数ヶ月現場のお手伝いさせて頂けました。2019年6月完成。気づけば一年。大規模リフォームでした。

その他、竣工前の片付けでお手伝い行かせてもらった現場もワクワクしました。

この2年間、私のような建築を学んだことのない素人が、一級建築士の元バイトさせて頂けたこと、たまたま知り合った方からリフォームを2件相談受け、お客様の相談役をしながら現場でバイトさせて頂けたこと、夢のような2年間でした。

一級建築士工房ライフデザインの皆様、職人の皆様、お施主様、本当に有難うございました!!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です